English

Free Trial

受験者人数/機能制限付き無料トライアル
キャンペーン実施中

お申込みはこちら

サービスに関するお問い合わせはこちら

CUBIC の活用事例

採用での活用例(IT開発会社)

担当者の問題意識

・採用選考でメンタル面やストレス耐性が見抜きにくい。
・入社後に休職、出社しないなど発生。
などの理由から採用時に見極める方法を模索。

他社商品からCUBICに切り替え、運用。

離職人材 + メンタル不全可能性 を重視して選考。

CUBICでは回答者に気づかせずネガティブチェックを質問。
面接とは異なり、意図できない本音を可視化することにより見極める。

CUBIC(個人特性分析)を活用した結果

ネガティブ側面を可視化できたことで、採用精度が向上。
メンタル不全者の採用を抑え、意図しない離職を低減できた。

育成での活用例(総合医療会社) 

担当者の問題意識

・新人が育たず、辞めていく。
・管理層もプレイヤーであるため、手厚い教育は難しい

育てやすい組み合わせを取り入れるため、新人入社後に適性検査を実施。

真似やすい背中・育てやすい相性を考慮した配属

新人時代は主性格が近しい上司と馬が合う。双方の志向性が近く、
分かり合えやすい。

CUBIC(個人特性分析)を活用した結果

入社後の初期ミスマッチで辞める離職率が格段に下がった。
社内異動の中で同質だけでなく、異質タイプとの組み合わせも運用中。

組織分析での活用例(営業会社)

現状の職場状況

これまでも研修を実施してきた企業が、自社内の現状に立ち返るべく、
社員分析を実施。
・組織にとって今、何が必要か?
・どの階層で何を伸ばすべきか?
・社員は何を望んでいるか?
個と組織の現状の可視化により、アクションプラン策定から実施まで行った。

現状の可視化

CUBIC(組織活力測定)を活用した結果

明確になったことで、自社主導の内省化が進み、
社員発案の新事業PJチーム等も立上がり、継続取り組み中。